加納久宜公研究会

加納久宜公研究会 


私ども「加納久宜公研究会」は、九十九里の南端の一宮町で、最後の一宮藩主「加納久宜公」にまつわる事柄の調査研究を細々と続けております。

例会:第3火曜日 場所:一宮町中央公民館

一宮町の城山公園には町指定史跡『加納久宜公の墓』『加納久宜公紀徳之碑』があります。2月26日は加納久宜公の祥月命日にあたります。
そこで、私どもは皆で墓参し献花する取り組みを続けています。
一人でも多くの方にご参列、ご協力いただきたくご案内申し上げます。

第7回墓前祭(2017年2月25日)簡易報告書

ブログでも紹介しています。 クリック→あじすっか(一宮町発)

町指定史跡『加納久宜公の墓』はポケモンジムに昇格しました



第7回墓前祭・献花式 〜 没後99年 〜


墓前祭期間 

平成30年 2月18日(日)〜3月4日(日)


平成30年 2月24日(土)

 午前:献花式 午後:「加納久宜公を語りあう会」


2月26日は加納久宜公(加納さん)の祥月命日です。
そこで、生涯と遺訓を学びあう機運を育てるために、史跡(*)などを装飾します。
どうぞ、一宮町の城山公園を訪れください。
献花をしていただければなおさら幸いです。


※「加納久宜公を語りあう会」
毎年墓前祭には、町内外から多くの方々に参列していただいております。
そこで、今年(第6回)は昼前の献花式に続いて、一緒に昼食をとり、加納公の思いや足跡を語り合う機会を設けました。熱く語りあい思いを一つにする有意義な機会となりました。そして、まだまだ語り足りいこともわかりました。
来年も続けたいと考えています。よろしくお願い申し上げます。


〜 加納久宜公 生誕170年 〜

平成30年 4月22日(日)(予定)


加納久宜公は嘉永元年3月19日(1848年4月22日)です。
来年(2018年)が生誕170年にあたります。
そこで、町内の有志で、生誕を祝いながら「加納さん(久宜公)」のことを学びあう行事の計画を始めています。

一宮町での生誕を祝い学びあう行事が、ゆかりのある全国各地に広がるきっかけとなることを願っています。

(没後100年(2019年)を記念する行事は、一宮町が主催して行われる予定です)


最後の一宮藩主の加納久宜公(加納さん)は、100年前の一宮町長です。

産業や教育の振興など、地方行政の理想(地方改良)の実現に、人生の集大成として情熱を傾けました。その間の激変する日本の明治期においては、先進的で国際的な視野をもったリーダーとして、各方面で多大な業績を残されました。

2月26日は『加納さん』の祥月命日で、今年は加納さんが亡くなってから98年目になります。
一宮町の城山には、史跡『加納久宜公の墓』と『加納久宜公紀徳之碑』があります。
皆で花を手向けて加納さんの思いと功績を学びあいたいと思います。

一人でも多くの方々に関心を持っていただければ幸いです。

意外なつながりリンク集